メイクアップの短所

メイクアップの短所:泣いた時にあたかも阿修羅のような怖い形相になってしまう。わずかに間違えただけなのに下品になってみすみす地雷を踏むことになる。顔の造形をごまかすのにも甚だ苦労する事。 指で押しても元通りになる皮膚の弾力感。これを操っているのは、お馴染のコラーゲン、すなわちたんぱく質です。スプリングの働きをするコラーゲンが下から肌を下支えしていれば、タルミとは無縁というわけです。 メイクアップのメリット:新しい商品が出た時のワクワク。化粧前のすっぴんとのギャップに萌えを感じる。化粧品に散在することでストレスが発散される。メイクアップ自体の面白さ。 ドライスキンによるかゆみの原因の大半は、老化に伴う角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の縮小や、ハンドソープなどの頻繁な洗浄による皮ふのブロック機能の衰えによって引き起こされるのです。 「デトックス」術にリスクやトラブルは本当にないのだろうか。第一、体内に蓄積する「毒素」とは一体どのような物質で、その毒素は果たして「デトックス」の力で排出されるのだろうか?   指で押しても戻る肌の弾力感。これを司っているのは、かの有名なコラーゲン、すなわち蛋白質です。バネの役目をするコラーゲンがちゃんと皮ふを支えていれば、肌はタルミとは無縁でいられるのです。 お肌の乾燥の要因の一つである角質の細胞間脂質と皮脂の衰退は、アトピー性皮膚炎など遺伝的な要素によるものと、老化や洗浄料などによる後天性の要素に縁るものの2種類に分かれます。 美容整形をおこなう美容外科というのは、とどのつまり外科学の一分野で、医療を目的としている形成外科とは別のものだ。また、整形外科学(orthopedic surgery)とも混同されがちだがまったく異分野のものである。 歯のビューティーケアが肝心と考える女性は増加しているものの、実際におこなっている人はそう多くはない。その最多の理由が、「自分だけではどのようにして手入れすればよいかよく知らない」という考えだ。 ほっぺたなど顔のたるみは実年齢より老けて見える原因です。肌の張りや表情筋と呼ばれる筋肉の硬化が弛みに繋がりますが、実際は日々の暮らしにおけるささいな仕草も原因のひとつです。   若い女性に人気のネイルケアとは、手足の爪や甘皮などのお手入れ全般を指す言葉。ヘルスケア、ビューティー、医師による医療行為、生活の質(quality of life)の保全など多岐に渡る捉え方があり、ネイルケアはなくてはならないものと言えよう。 美白という考え方は95年から99年頃に美容家で化粧品会社創業者の鈴木その子が薦めてブームにまでなったが、もっと前からメラニン色素の増加によるシミ対策のタームとして活用されていたようだ。 下まぶたの弛みが生まれると、男性でも女性でも実年齢より年上に見られることでしょう。肌のたるみは色々ありますが、中でも目の下は一番目につきます。 残業、会社の飲み会、仕事の付き合い、深夜に及ぶスポーツ中継・翌日の幼稚園のお弁当作りやご飯の支度…。皮膚に良くないということは分かっていても、日常に置いては満足できるような睡眠時間を持てない人が大半を占めると思います。 アトピー主因:家族歴・以下の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん)のうち一つ、または2つ以上)、IgE 抗体を産生しやすいと予測させる誘因、など。   ... Read More

続きを読む

夜の10時~2時までの240分間は皮ふのゴールデンタイム

ことに夜の10時~2時までの240分間は皮ふのゴールデンタイムと呼ばれており、肌の生まれ変わりがより一層活発な時間帯です。ここで睡眠を取ることが一番良い美容方法だということは間違いありません。 健康補助食品などで知られるヒアルロン酸は人間の細胞と細胞の隙間に多数含まれ、水分の保持や衝撃を和らげる緩衝材の働きをして細胞を保護していますが、歳を取るにつれて体内のヒアルロン酸は少しずつ減少します。 ネイルケア(nail care)は、手足の爪とその周辺の皮膚の手入れ全般を指す言葉。美容だけでなく、ヘルスケア、医者による医療行為、生活の質(quality of life=QOL)の保全など幅広いシーンで活躍しており、今やネイルケアは一つの確立された分野と言っても過言ではない。 現代社会に生きる私達には、身体の内側には人体に悪影響をもたらす化学物質が取り込まれ、さらに己の体の中でも細胞を傷つける活性酸素などが次々と作られていると言われているようだ。 メイクアップではアザなどを隠す行為に重きを置くのではなく、メイクアップを介して結果的に患者さん自身が己の容貌を認め、復職など社会復帰すること、またQOL(生活の質)を更に上げることを目標としているのです。 美容外科(cosmetic surgery)とは、由緒正しき外科学の中のジャンルであり、医療中心の形成外科学(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作る、reconstructive…復元する)とは別種のものである。加えて、整形外科学と間違われることがよくあるがこれも全く分野の違うものだ。 ここ10年で一気に浸透したネイルケアとは、手足の爪や指の手入れを指す。美容だけでなく、健康、巻き爪処置など皮膚科の医療行為、生活の質の保全というようなあらゆる活躍の場があり、ネイルケアは確立された分野の一つとなっているようだ。 頭皮は顔面の肌と一続きになっているため、おでこまではスカルプと同一と考えるのを知っていますか。老化に従い頭皮が弛んでくると、その下にあるフェイスラインのたるみの要因となってしまいます。 浮腫みの理由は諸説存在しますが、気温など気候の影響も少なからずあることをご存知でしょうか。30℃近い気温になって大量の水分を摂り、汗をかく、この時節にこそ浮腫む原因が存在しているのです。 健康的で輝かしい歯をキープするためには、届きにくい部分まで入念にブラッシングする事を忘れないでください。歯磨き粉のクリーミィな泡と毛先の口当たりがソフトな歯ブラシで、ゆっくりお手入れをしましょう。 日本皮膚科学会の判定指標は、①激しい痒み、②固有の発疹とその分布域、③反復する慢性の経過、全て当てはまる病気を「アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis)」と呼んでいる。 ドライ肌というのは、皮膚の角質層の細胞間脂質と皮脂の量が標準値よりも低落することで、お肌にある水分が揮発し、表面の角質層がパリパリに乾燥してしまう症状のことです。 形成外科とは違い美容外科が欠損や損壊のない健康体に処置を付け加える美容のための行為であるにも関わらず、リスク管理や安全性の確立がなっていなかったことが大きな誘因と言えよう。 審美歯科というのは、第一に美しさを考えた総合的な歯科医療のこと。歯が担う役割には咀嚼などの機能面と表情を明るくみせるなどの審美面があり、双方健康に関係するとても大事な要素であることは周知の事実だ。 皮ふが乾燥する要因である角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の減量は、アトピー患者などの遺伝子によるものと、逃れようのない高齢化や基礎化粧品などによる後天的要素に縁るものに分けられます。 ... Read More

続きを読む

押すと返す皮膚の弾力感

押すと返す皮膚の弾力感。これを左右しているのは、健康食品でおなじみのコラーゲン、つまりはタンパク質なのです。スプリングの働きをするコラーゲンが正常にお肌を持ち上げていれば、お肌はたるみとは無縁というわけです。 全身に存在するリンパ管と並行するように走っている血の動きが鈍化してしまうと、栄養や酸素(O2)が隅々まで配られにくくなり、結果として余分な脂肪を多く着けさせる元凶となります。 例を挙げれば…今、このサイトを眺めながら頬杖をついたりしているのでは?この行為は手の平の力をフルにほっぺたに伝えて、お肌に対して余計な負荷をかけることに繋がっているのです。 現代を生きていく私達には、体内には人体に悪影響を及ぼすという化学物質が増え、更には自身の体内でもフリーラジカルなどが生産されていると言い伝えられている。 ドライスキンというのは、皮ふに含まれる角質層の細胞間脂質と皮脂の量が正常なレベルよりも低落することで、肌(皮ふ)にある水分が失われ、肌がカサカサに乾燥してしまう症状のことです。 美容目的で美容外科手術を行うことに対して、恥という感情を持つ方も割と多いため、手術を受けた人たちのプライドやプライバシーに被害を与えないように配慮が特に大切だとされている。 我々が「デトックス」の虜になってしまう最も大きな理由は、私たちが暮らしている環境の汚染だ。大気や土壌は化学物質で汚染され、穀類や野菜などの食物には作用の強い化学肥料や農薬がたっぷり使われていると噂されているのだから無理もない。 日本の美容外科の変遷において、美容外科が「紛れもなく真っ当な医術」だとの認知と地位を手に入れるまでには、意外と時間が必要だった。 美容目的で美容外科の手術を行うことに対して、恥だという気持ちを持つ患者も結構多いため、患者の名誉と個人情報を冒さないような注意が大切だとされている。 お肌の奥深くで作られた肌細胞は少しずつスローペースで皮ふの表層へと移動し、最終的には皮膚の表面の角質層となって、約28日経つと自然にはがれ落ちていきます。この仕組みこそがターンオーバーなのです。 既に浸透しているが、間違いなくこれは「代替医療」や「健康法」として考えており、「治療」行為とは違うことを知っている人は意外なほど少ないようだ。 下まぶたにたるみができた場合、みんな実際の年齢より年上に見られることでしょう。フェイスラインのたるみは色々ありますが、ことさら目の下は目につきます。 スキンケアコスメでエイジングケアして「老け顔」脱出キャンペーン!お肌の性質をちゃんと見極めてあなたに合ったスキンケア化粧品を選び、まともに手入することで「老け顔」から抜け出しましょう。 尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerin)にヒアルロン酸を添加して作られた美肌水は皮ふに優しく、ドライ肌の人に向いています。防腐剤や香料などを一切使っていないため、皮ふの敏感な人でもご使用いただけるのが特長です。 白く美しい歯を維持するには、届きにくい奥歯まで入念に磨く事を忘れないでください。キメの細かい泡とソフトな毛先の電動歯ブラシなどを使って、ゆっくりと時間をかけたお手入れをすることが望ましいといえます。 ... Read More

続きを読む

食中毒を起こすことのあるブドウ球菌

食中毒を起こすことのあるブドウ球菌(staphylococcus…coccusはラテン語で「粒」の意)はグラム染色で紫になるグラム陽性球菌で、毒の強力な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン、staphylococcus aureus)と一方は毒のあまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種があるのです。 痩せたいために摂取カロリーの総量を控える、ほとんど食べない、こうした暮らし方が結果として栄養までもを不足させ、慢性の冷え性を誘発する事は、色んなところで言われているのです。 常識で考えると骨折を起こさない程のごく僅かな力でも、骨の同一のポイントだけに繰り返していつまでもかかることによって、骨折が起こってしまうことがあるので気を付けましょう。 脳内の5-HT(セロトニン)神経は、自律神経を調整したり痛みを抑制し、分泌物質の覚醒などをコントロールしており、鬱病に罹患している人はその動きが弱体化していることが証明されている。 トコトリエノールの作用の中では酸化を防ぐ機能がおそらく一番認知されていますが、その他に肌を美しく保つ効果や、血清コレステロールの産生を抑えるということが確認されています。   インキンタムシ(陰金田虫)という病気は若い男の人に多く確認されており、大方股間の辺りにのみ拡大し、軽く運動したり、お風呂に入った後など身体が熱くなると猛烈な痒みをもたらします。 70代以上のお年寄りや慢性的な疾患を患っている人などは、より肺炎に罹りやすく治療が長引く傾向が見られるので、予防する意識や迅速な処置が大事です。 メタボリック症候群とは言われていなかったとしても、内臓脂肪が多めに付くようなタイプの悪質な肥満を抱えてしまう事により、数多くの生活習慣病を発症しやすくなります。 WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、有害な紫外線A波の異常な浴び過ぎは皮ふに健康障害を起こす可能性が高いとして、18歳以下の男女がファッション感覚で日サロ(日焼けサロン)を利用する行動の禁止を先進国に提案しています。 消化器科の領域である急性腸炎は、一般的には腹痛・悪心・腹下しの症状が出る程度で治まりますが、細菌感染から来ている場合は強い腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・下痢と一緒に38度以上の高い発熱が特徴だといえます。   吐血と喀血は両方とも口からの出血に変わりはありませんが、喀血というのは喉から肺を繋ぐ気道(きどう、呼吸器の一種)から血が出ることであり、吐血は十二指腸よりも上にある消化管から血が出る状態を示しています。 いんきんたむしというのは、医学上では股部白癬という病名で、かびの仲間である白癬菌が陰嚢や股部、尻などの場所にうつってしまい、定着する病気の事であり水虫のことなのです。 大体は水虫といえば足を思いつき、こと足指の間にみられる皮膚病だと考えられていますが、白癬菌にかかる場所は足しかないのではなく、体の様々な部位に感染するという可能性があるので気を付けましょう。 ただの捻挫と自己判断し、冷湿布を貼って包帯やテーピングテープで適当に固定し、様子をみるよりも、応急処置を終えたら迅速に整形外科の医師に診てもらうことが、根治への近道になるでしょう。 30才から39才の間に更年期が訪れたとすれば、医学的な用語で表現するとPOFという女性疾患のことを指します(日本の場合は40才未満の女の人が閉経する症状を「早発閉経(早期閉経)」と言います)。   ... Read More

続きを読む

美容外科(Cosmetic Surgery)とは、人間の体の機能上の欠損や変形を矯正するより

美容外科(Cosmetic Surgery)とは、人間の体の機能上の欠損や変形を矯正するよりも、専ら美的感覚に基づく人間の身体の外観の改善を図る医療の一つで、固有の標榜科目のひとつだ。 デトックス法は、専用の健康食品の摂取と汗をかくことで、このような体の中にある有毒な物を流そうとするテクニックのひとつを指している。 美容雑誌でリンパ液の停滞の代名詞であるかのように表現される「浮腫」には大きく2種類に分けると、身体のどこかに病気が隠れている浮腫と、病気ではない健康な人にも発生するむくみがあるということらしい。 「デトックス」術にリスクやトラブルは本当に無いと言えるのだろうか。第一、体の中に蓄積される毒素というのは一体どのような物質で、その「毒素」は「デトックス」の力で体外へ排出できるのか? 美白もしくはホワイトニングというのは、色素が薄く、より明るい肌を求める美容の観念、もしくはそのような状態の皮膚のことをいう。主に顔面のお肌について使われる言葉である。   例を挙げれば…あなたは今、パソコンを眺めながら頬杖をついていたりしませんか?実はこの癖は手の力をめいっぱい直接頬へ伝えて、お肌に負担をかけてしまうことに繋がるのです。 ピーリングというものは、古くなってしまった角質層をピール(peel:皮をはぐの意味)し続けることにより、生成されて間もないトラブルのない肌に取り替える分かりやすい美容法です。 全身にあるリンパ管に沿うようにして流れる血行が遅くなると、栄養や酸素などが届きにくくなり、結果として脂肪を多く蓄積させる元凶となります。 更に日々のストレスで、心にも毒素は山のごとく溜まっていき、同時に体調不良も起こしてしまう。この「心身ともに毒だらけ」という意識こそが、私たちをデトックスに駆り立てている。 歯の美容ケアが肝心と感じる女性は増加しているものの、実際におこなっているという人は少ない。その理由でもっとも多いのが、「どのようにケアすればよいか知らない」ということらしい。   例えば…今、PCを見つめながら頬杖をついているのではないでしょうか?実はこれは手のひらの圧力をめいっぱいダイレクトに頬へ伝えて、繊細な肌に不必要な負荷をかけることにつながるのです。 ... Read More

続きを読む