美容外科(Cosmetic Surgery)とは、人間の体の機能上の欠損や変形を矯正するより

美容外科(Cosmetic Surgery)とは、人間の体の機能上の欠損や変形を矯正するよりも、専ら美的感覚に基づく人間の身体の外観の改善を図る医療の一つで、固有の標榜科目のひとつだ。 デトックス法は、専用の健康食品の摂取と汗をかくことで、このような体の中にある有毒な物を流そうとするテクニックのひとつを指している。 美容雑誌でリンパ液の停滞の代名詞であるかのように表現される「浮腫」には大きく2種類に分けると、身体のどこかに病気が隠れている浮腫と、病気ではない健康な人にも発生するむくみがあるということらしい。 「デトックス」術にリスクやトラブルは本当に無いと言えるのだろうか。第一、体の中に蓄積される毒素というのは一体どのような物質で、その「毒素」は「デトックス」の力で体外へ排出できるのか? 美白もしくはホワイトニングというのは、色素が薄く、より明るい肌を求める美容の観念、もしくはそのような状態の皮膚のことをいう。主に顔面のお肌について使われる言葉である。   例を挙げれば…あなたは今、パソコンを眺めながら頬杖をついていたりしませんか?実はこの癖は手の力をめいっぱい直接頬へ伝えて、お肌に負担をかけてしまうことに繋がるのです。 ピーリングというものは、古くなってしまった角質層をピール(peel:皮をはぐの意味)し続けることにより、生成されて間もないトラブルのない肌に取り替える分かりやすい美容法です。 全身にあるリンパ管に沿うようにして流れる血行が遅くなると、栄養や酸素などが届きにくくなり、結果として脂肪を多く蓄積させる元凶となります。 更に日々のストレスで、心にも毒素は山のごとく溜まっていき、同時に体調不良も起こしてしまう。この「心身ともに毒だらけ」という意識こそが、私たちをデトックスに駆り立てている。 歯の美容ケアが肝心と感じる女性は増加しているものの、実際におこなっているという人は少ない。その理由でもっとも多いのが、「どのようにケアすればよいか知らない」ということらしい。   例えば…今、PCを見つめながら頬杖をついているのではないでしょうか?実はこれは手のひらの圧力をめいっぱいダイレクトに頬へ伝えて、繊細な肌に不必要な負荷をかけることにつながるのです。 ... Read More

続きを読む