メイクの短所:皮ふへのダメージ。毎日毎日面倒で仕方…

メイクの短所:皮ふへのダメージ。毎日毎日面倒で仕方がない。化粧品を買う費用が結構かかる。メイクで皮ふが荒れる。何度もお化粧直しや化粧をする時間の無駄だということ。

我が国において、肌色が透き通るように明るく淀んだくすみや大きなシミの見られない状態を目標とする風習はかなり前から浸透し、「色の白いは七難隠す」という有名なことわざもある。

皮膚の奥深くで作り出された細胞はじわじわと皮膚の表層へと移動し、最後はお肌の表面の角質層となって、約一カ月後に自然に剥がれていきます。このサイクルこそがターンオーバーの内容です。

爪の生成行程は樹木の年輪のように刻まれるという存在であるが故、その時の体調が爪に表れやすく、毛髪と共通するように目で確認できて分かりやすいため健康のバロメーターとも言われているらしい。

肌のターンオーバーが滞ってしまうと、色々なお肌の老化現象やトラブルが起こります。目元などのしわ・目立つしみ・顔色の冴えないくすみ・目の下のくま・フェイスラインが下がるたるみ・目障りな吹き出物・突っ張るような乾燥など、書きだしてみればキリがないでしょう。

中でも22時~深夜2時までの240分間は皮膚のゴールデンタイムで、お肌の新陳代謝が更に促進されます。この時にぐっすり寝ることが何よりのスキンケアの手法だといえます。

医学界全体がクオリティ・オブ・ライフ(quality of life=生活の質)を大切に捉える傾向にあり、製造業を始めとする市場経済の進歩と医療市場の大幅な拡充により、美意識に基づいた美容外科(Cosmetic Surgery)はここ2~3年熱い視線を浴びている医療分野だろう。

さらにもうひとつ、肌のたるみに大きく結びついているのが表情筋。これは様々な表情を作る顔の筋肉のことを指します。真皮に存在するコラーゲンと同じく、この表情筋の力も歳をとるにつれて衰えます。

ほっぺたなど顔のたるみは老けて見られる主因に。皮膚の弾力や表情筋と呼ばれる筋肉の緩みが弛みに繋がりますが、それだけではなく毎日おこなっている何気ないクセも原因になります。

頭皮は顔面の皮膚とつながっているため、額までの部分も頭皮と一緒だとみなすのはあまり知られていません。加齢に伴って頭皮がたるむと、その下にある顔の弛みの主因になります。

湿疹や掻痒に悩まされるアトピー性皮膚炎の要因として、1.腸内や皮膚、肺、口腔内等における細菌叢(フローラ)、2.遺伝的な因子、3.栄養面での因子、4.環境面での因子、5.これ以外の見方を列挙できる。

美容外科において手術を受けることについて、恥ずかしいという気持ちを持つ患者も割と多いので、施術を受けた方のプライド及びプライバシーを冒さないように気遣いが求められている。

内臓の健康の度合いを数値で見ることができる専門の機械があります。『ノイロメーター』という名称の医療機器で、自律神経の様子を調べることで、内臓の問題がモニタリングできるという高機能なものです。

内臓が元気かどうかを数値で計測してくれる専門の機械があります。『ノイロメーター』という名前の機械で、人の自律神経の状態を調査して、内臓のトラブルを把握しようという応用範囲の広いものです。

明治末期に外国から帰ってきた女性たちが、洋風の髪、洋風のファッション、洋式に使う化粧品・美顔術などを日本に紹介したことから、これらをひっくるめた日本語として、美容がけわいという言葉の代わりに扱われ始めた。