爪の作られ方はまるで木の年輪のように刻まれるもので…

爪の作られ方はまるで木の年輪のように刻まれるものであるために、その時点の健康状態が爪に表れやすく、毛髪と同様すぐに視界に入って判断しやすいので健康のバロメーターとも言われる。

例を挙げるなら…あなたは今、パソコンを見つめながら頬杖をついたりしていませんか?この体勢は掌からの圧力をフルにほっぺたに与えて、肌に対して負荷をかけてしまうことに繋がるのでお勧めできません。

爪の伸びる工程は木の年輪のように刻まれる存在なので、その時々の健康状態が爪に表出しやすく、髪の毛と同じようにすぐに目に入って分かりやすいことから健康のバロメーターとも言われているらしい。

美容外科(Plastic Surgery)とは、人間の体の機能上の損壊や変形の修復よりも、もっぱら美意識に従って人体における容姿の向上を図る臨床医学の一種で、完全に自立している標榜科でもある。

日中なのに普段さほど浮腫まない顔や手に酷いむくみが見られた、十分な睡眠時間を確保しても下肢の浮腫が取れない、などの場合は病気が潜んでいる可能性があるのでかかりつけ医による迅速な診療が求められるということです。

さらに日々の生活のストレスで、心にまでも毒は山のように降り積もり、同時に身体の不調も引き寄せる。「心も体も毒まみれ」という意識こそが、苛まれた私たちをデトックスに駆り立てている。

マスカラやアイカラーなどのアイメイクを落とすときにメイクをしっかり落とそうとしてゴシゴシこすって洗い続けていると目の周りの肌が傷ついたり腫れるなどの炎症を起こして色素沈着を招き、目の下の茶色いくまの一因になるのです。

本来、皮膚のターンオーバー(新陳代謝)は4週間毎のサイクルになっており、常時細胞が誕生し、日々刻々と剥落し続けているのです。こうした「毎日の生まれ変わり」のおかげで私たちのお肌は若々しい状態を保ち続けています。

ほっぺたや顔のたるみは年老いて見える主因。お肌のハリや表情筋の衰退がたるみをもたらしますが、本当は日常生活におけるちょっとした癖も誘因になります。

メイクの利点:外見が向上する。お化粧も嗜みのひとつ。実際の年齢より年上に見られる(20代前半までに限った話)。人に与える印象を好きなように変えられる。

形成外科とは異なり美容外科が損壊などのない健康体に医師が施術を付加するという美意識重視の行為であるとはいえ、結局は安全性への意識があまりにも不十分であったことが一つの大きな誘因だと考えられている。

ついつい時間を忘れてPCのモニターに集中し過ぎて、眉間にシワを寄せ、尚且つ口角の下がったへの字口(因みに私はこの形を別名「富士山口」と言っています)をしているのではありませんか?これはお肌にとって最悪です。

化粧の良いところ:容姿がきれいになる。メイクも礼儀のひとつ。実際の年齢より大人っぽく見られる(ただし20代前半までの女性の場合)。自分自身のイメージを気分で変化させられる。

特に就寝前の歯磨きは大事。溜まっているくすみを取るため、夜はちゃんと歯磨きをしましょう。ただし、歯磨きは何度も行えば良いというものではなく、都度都度の質に気を付けることが肝要なのです。

メイクの良いところ:新商品が発売された時のワクワク。化粧前のすっぴんとのギャップに萌える。多種多様な化粧品にお金をかけることでストレスが発散される。メイクをすること自体の楽しみ。