美容外科(Cosmetic Surgery)とは、…

美容外科(Cosmetic Surgery)とは、ヒトの体の機能上の欠損や変形を矯正することよりも、専ら美的感覚に従って全身の外見の改善に取り組むという医療の一種であり、固有の標榜科目のひとつだ。

アトピー(atopic dermatitis)をお薬の力だけで良くしようとするのには無謀な事だと言わざるを得ません。生活習慣や楽しめることなどライフスタイルすべての在り方まで共有するような処置が重要です。

目の下に大きな弛みができた場合、男女を問わず全ての人が本当の歳よりもずっと年上に写ります。弛みには色々ありますが、中でも下まぶたは特に目立つ場所です。

硬直状態では血行も滞ります。すると、下まぶたの部分を始め顔中の筋繊維の力が落ちてしまいます。そこで顔の筋繊維も十分にストレッチをしてあげて、しばしば緊張をほぐすことをお勧めします。

押すと返してくるのが弾むような皮ふのハリ。これを作っているのは、コスメでおなじみのコラーゲン、すなわちたんぱく質です。スプリング役のコラーゲンが正常に皮ふを支えていれば、弛みとは無縁なのです。

よく目立つ目の下の弛みを改善・解消する方法で効果的なのは、顔のストレッチでしょう。顔面にある筋肉は無意識下で凝り固まったり、その時の精神状態に左右される場合があるのです。

美白もしくはホワイトニングは、メラニン沈着が少ない、より明るい肌を重視する美容上の観念、また、そんな状態のお肌のことをいう。主に顔の皮膚について採用されることが多い。

美白用の化粧品だと正式なカタログでアピールするためには、薬事法担当の厚生労働省の許可が下りた美白に効果のある成分(よく使用されるのはアルブチン、コウジ酸の2種類)を採用している必要があることを覚えておきましょう。

皮ふの奥で作り出された細胞はちょっとずつスローペースで皮ふの表面へと移動し、結果角質となって、約28日経つと自然に剥がれ落ちます。このシステムがターンオーバーの正体です。

明治末期、外国から帰ってきた女性たちが、洋髪、洋風の服、洋風の新しい化粧品・美顔術などを日本に紹介して、これらを言い表す言葉のひとつとして、美容がけわいの代わりに使われ始めた。

心臓から離れた位置にある下半身は、重力の関係でリンパの流通が鈍くなるのが一般的だろう。むしろ下半身にみられる浮腫は、リンパ液がわずかに滞留していますよという印のひとつ程度のものだと解釈するほうがよい。

本来、健康な皮膚の新陳代謝は4週間周期になっていて、1日毎に細胞が作られ、何時も剥落しているのです。このような「毎日の生まれ変わり」のおかげで私たちの肌は若々しさを保ち続けています。

心臓の遠くにある下半身は、重力によってリンパ液の流動が鈍くなることが普通だろう。むしろ下半身にみられる浮腫は、リンパ液がやや滞っていますよという印のひとつ程度に解釈するほうがよい。

本来ヒアルロン酸(hyaluronic acid)は人間の細胞と細胞の間に多く含まれ、水分を保持したりクッション材のような作用をして大切な細胞を防護していますが、年齢を重ねるに従い体内のヒアルロン酸は年々減少していくのです。

軟部組織マニプレーションというものは周囲の筋肉や骨格が素因で位置が合っていない内臓を元来収まっていたであろう位置に戻して内臓機能を正しくするという治療です。