特に夜の10時~2時までの240分間は皮膚のゴール…

特に夜の10時~2時までの240分間は皮膚のゴールデンタイムと呼ばれ、肌の生まれ変わりがより促進される時間帯です。この22時から深夜2時の間に眠ることが最も有効なスキンケアの手段といえるでしょう。

よく耳にするピーリングとは、役目を果たしてしまった要らない皮膚を専用化粧品などでピール(peel: はぎ取るの意味)し続けることにより、生成されたばかりのきれいな皮膚(角質層)に入れ替えて、ターンオーバーを正常化する人気の美容法です。

ネイルケア(nail care)というのは、爪を手入れすること。美容だけでなく、ヘルスケア、巻き爪対策など医学的な処置、生活の質の保全といった色々なシーンで活躍しており、もはやネイルケアは一つの確立された分野と言えよう。

現代に生きる私たちには、体内には人体に悪い影響を及ぼす化学物質が溜まり、更には私たちの体の中でも老化を促す活性酸素などが作られていると言われている。

押すと返すお肌の弾力感。これをもたらしているのは、サプリメントでおなじみのコラーゲン、すなわちたんぱく質なのです。バネの役割を担うコラーゲンが充分にお肌を持ち上げていれば、肌はタルミとは無関係なのです。

下まぶたに大きなたるみができると、みんな実際の歳より年上に写ってしまいます。肌のたるみは多くありますが、中でも目の下は最も目につく部分です。

サプリメントなどで知られるヒアルロン酸は人間の細胞間に多く含まれており、水分を蓄えたりクッションのような働きで大切な細胞を守っていますが、加齢にともなって体の中のヒアルロン酸は徐々に少なくなります。

スカルプは顔の肌と一続きになっており、おでこまではスカルプに等しいものと捉えるのはあまり知られていない事実です。歳を重ねるにつれ頭皮が弛み始めると、顔の弛みの要因となります。

尚且つ、肌のたるみに大きく結びつくのが表情筋。これは様々な表情を繰り出す顔の筋肉のことを指します。真皮に存在するコラーゲンと同じく、この筋力も加齢にともなって低下するのです。

ホワイトニングというものは、メラニン沈着が少ない、ワンランク上の白肌を重視したビューティー分野の価値観、ないしはこのような状態のお肌のことをいう。大抵は顔の皮膚について用いられることが多い。

尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerin)にヒアルロン酸(hyaluronic acid)を加えている美肌水は低刺激で皮ふに優しく、皮ふが乾燥しやすい人に効果があります。防腐剤や芳香剤など一切使用していないため、敏感肌の人でも使うことができます。

ドライスキンというものは、お肌の角質の細胞間脂質と皮脂分泌の量が標準値よりも縮小することで、肌(表皮)から潤いが蒸発し、表面の角質層がカサカサになる状態を示しているのです。

形成外科とは違い美容外科が欠損などのない健康体に外科的な侵襲を付加する容貌重視の行為なのにも関わらず、安全への意識が疎かだったことが一つの大きな因子と言えよう。

足などの下半身は心臓から離れているため、重力の関係でリンパ液が滞留することが一般的だ。むしろ下半身がむくむのは、リンパがちょっと鈍くなっていますよという証の一種程度に受け取ったほうがよいだろう。

ドライスキンの因子の一つである角質の細胞間脂質と皮脂の量の下落は、アトピー性皮膚炎などの遺伝的要素に縁るものと、逃れようのない高齢化やスキンケア化粧品や洗浄料による後天的な要素に由来するものの2種類があります。