皮膚が乾燥する誘因の一つである角質細胞間脂質と皮脂…

皮膚が乾燥する誘因の一つである角質細胞間脂質と皮脂の量の減少は、アトピー性皮膚炎など先天的な要素によるものと、逃れようのない老化やスキンケアコスメや洗浄料による後天性の要素に縁るものに大別することができます。

更に日々のストレスで、心にも毒素は山ほど蓄積され、同時に身体の不調も誘発する。「心も体も毒だらけ」というような感覚が、私たちをデトックスへと駆り立てるのだ。

下まぶたに弛みが出現すると、すべての人が実年齢よりも4~5歳上に映ることでしょう。フェイスラインのたるみは色々ありますが、中でも目の下は特に目立ちます。

美白指向には、1990年辺りから徐々に女子高校生などに取り入れられたガングロなど、異常に日焼けする奇異なギャルファッションへの対抗的な精神が入っている。

皮膚の美白ブームは、90年頃からあっという間に女子高生などに人気を博したガングロなど、酷く日焼けする独特な渋谷系ギャル文化への反論とも取れる意味合いが含まれているのだ。

メイクアップの長所:容貌が美しくなる。化粧もたしなみのひとつ。年上に見せることもできる(ただし10代~20代前半の場合です)。人に与える自分の印象を好みで変化させることが可能。

残業、終電帰りの食事会、深夜のスポーツ観戦・翌日の幼稚園のお弁当作りにご飯の準備…。肌に良くないということは知っていても、日常に置いては7時間もの睡眠時間を持てていない人がほとんどではないでしょうか。

日本皮膚科学会の判別基準は、①強い痒み、②固有の皮疹とその点在ポイント、③慢性的に反復する経過、3つ全部該当する疾患をアトピー(atopic dermatitis)と言っている。

メイクアップの欠点:崩れないようにお化粧直しをする必要にせまられる。メイク落としをして素顔に戻った時につくづく思い知らされるギャップ。化粧品にかかるお金が痛い。ノーメイクでは人に会えないという強迫観念に近い呪縛。

ことさら夜の歯みがきは大切歯の表面に蓄積されたくすみを除去するため、就寝前は丁寧に歯をブラッシングすることをおすすめします。しかし、歯みがきは何回も行えば良いわけではなく、1回1回の質を上げることが大事なのです。

メイクアップでは隠す行為にとらわれず、メイクアップを介して結果的に患者さん自身が自分の容姿を認知し、復職など社会生活への新たな一歩を踏み出すこと、加えてQOL(クオリティーオブライフ)をもっと向上させることが目的なのです。

我が国では、肌色が透き通るように明るくて淀んだくすみや茶色いシミの出ていない状態を好ましく感じる風習はかなり前からあって、「色の白いは七難隠す」ということわざもあるほどだ。

「デトックス」法にリスクや問題はまったくないと言えるのだろうか。そもそも体の中に溜まるとされる「毒物」とはどのような物質で、その「毒素」は「デトックス」によって体外へ排出されるのだろうか?

審美歯科(しんびしか)というのは、美しさを重視したトータルな歯科医療のひとつ。歯の役割には物を噛むなどの機能面と、審美的な側面があるが、双方健康においては非常に大事な要素だと言えよう。

「デトックス」術に問題やリスクは本当にないと言えるのだろうか。そもそも体の中に溜まるとされている毒素というのはどんな物質で、その毒とやらは果たしてデトックスで排出できるのか?