BMI値22が標準

BMI(体重指数を算出する式はどこの国も共通ですが、数値の評価レベルは国ごとに違いがあって、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY(JASSO)ではBMI値22が標準、25以上だと肥満、BMI18.5未満を低体重と定めています。
脳卒中のクモ膜下出血はその80%以上が「脳動脈りゅう」という脳の血管にできた不要な瘤(コブ)が裂けてしまうことによりなってしまう深刻な病気として認識されるようになりました。
内臓に脂肪が多い肥満が確認され、脂質(ししつ、lipid)、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、高血糖(こうけっとう)の中で2項目以上合致する状態を、メタボリックシンドローム、略してメタボと言っています。
食事をするときは、食べたい物を気軽に口へ入れたら何度か噛んで飲み下すだけだが、その後も人体はまことによく機能し異物を人体に取り込むように励んでいるのだ。
ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が失効してしまった後に売られる、新薬と変わらない成分で経済的負担が少ない(金額が安い)後発医薬品そのものです。

 

うつ病というのは脳内で分泌される神経伝達物質のセロトニンが不足することにより、不眠、憂うつ感、なかなか抜けない疲労感、食欲不振、体重の減少、強い焦燥感、顕著な意欲の低下、希死念慮、そして重症の場合自殺企図等の危険な症状が現れるのです。
お酒に含まれるアルコールを無毒化する作用のあるナイアシンは、辛い宿酔によく効く成分です。不快な宿酔の誘因物質と考えられている酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質の無毒化にも関係しているのです。
「とにかく時間がない」「うっとうしい人との付き合いが多すぎる」「あらゆるテクノロジーやインフォメーションのハイレベルな進化に追いつくのが大変」など、ストレスを受けてしまう主因は人によって違います。
「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、人の体内の脂肪の占めている重さのことを指し、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(weight、kg )×100」という数式によって調べられます。
日本人にも多く見られるようになった逆流性食道炎は、4日前後服薬すれば、押しなべてほとんどの患者さんの自覚症状は治まりますが、とはいえ食道粘膜の炎症自体が快癒したわけではないので気を付けましょう。

 

日光に当たると生成されるV.D.は、カルシウムが吸収される行程を補助する特徴で有名で、血中の濃度をコントロールし、筋繊維の機能を調整したり、骨を生成します。
子どもの耳管は、大人のそれに比べて幅があり短い形状で、しかも水平に近いため、バイキンが潜り込みやすくなっています。幼い子どもが急性中耳炎を発病しやすいのは、この構造が関係しています。
メタボリック症候群であるとは断言されていなくても、内臓に脂肪が多く蓄積しやすい型の悪質な肥満症になる事で、命にかかわるような生活習慣病を発症する可能性が高まります。
陰金田虫(インキンタムシ)という病気は比較的若い男性に多い傾向があり、大抵の場合は股間の周辺だけに広がり、激しく運動したり、風呂から上がった後など身体が温まると強烈な痒みを招きます。
脂肪過多に陥っている肥満は当たり前のことながら食生活の習慣や栄養バランス、運動不足などが素因ですが、量の等しいごはんだったとしても、慌ただしく食べ終わる早食いをしていれば肥満(obesity)の状態を招きます。