夜の10時~2時までの240分間は皮ふのゴールデンタイム

ことに夜の10時~2時までの240分間は皮ふのゴールデンタイムと呼ばれており、肌の生まれ変わりがより一層活発な時間帯です。ここで睡眠を取ることが一番良い美容方法だということは間違いありません。

健康補助食品などで知られるヒアルロン酸は人間の細胞と細胞の隙間に多数含まれ、水分の保持や衝撃を和らげる緩衝材の働きをして細胞を保護していますが、歳を取るにつれて体内のヒアルロン酸は少しずつ減少します。

ネイルケア(nail care)は、手足の爪とその周辺の皮膚の手入れ全般を指す言葉。美容だけでなく、ヘルスケア、医者による医療行為、生活の質(quality of life=QOL)の保全など幅広いシーンで活躍しており、今やネイルケアは一つの確立された分野と言っても過言ではない。

現代社会に生きる私達には、身体の内側には人体に悪影響をもたらす化学物質が取り込まれ、さらに己の体の中でも細胞を傷つける活性酸素などが次々と作られていると言われているようだ。

メイクアップではアザなどを隠す行為に重きを置くのではなく、メイクアップを介して結果的に患者さん自身が己の容貌を認め、復職など社会復帰すること、またQOL(生活の質)を更に上げることを目標としているのです。

美容外科(cosmetic surgery)とは、由緒正しき外科学の中のジャンルであり、医療中心の形成外科学(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作る、reconstructive…復元する)とは別種のものである。加えて、整形外科学と間違われることがよくあるがこれも全く分野の違うものだ。

ここ10年で一気に浸透したネイルケアとは、手足の爪や指の手入れを指す。美容だけでなく、健康、巻き爪処置など皮膚科の医療行為、生活の質の保全というようなあらゆる活躍の場があり、ネイルケアは確立された分野の一つとなっているようだ。

頭皮は顔面の肌と一続きになっているため、おでこまではスカルプと同一と考えるのを知っていますか。老化に従い頭皮が弛んでくると、その下にあるフェイスラインのたるみの要因となってしまいます。

浮腫みの理由は諸説存在しますが、気温など気候の影響も少なからずあることをご存知でしょうか。30℃近い気温になって大量の水分を摂り、汗をかく、この時節にこそ浮腫む原因が存在しているのです。

健康的で輝かしい歯をキープするためには、届きにくい部分まで入念にブラッシングする事を忘れないでください。歯磨き粉のクリーミィな泡と毛先の口当たりがソフトな歯ブラシで、ゆっくりお手入れをしましょう。

日本皮膚科学会の判定指標は、①激しい痒み、②固有の発疹とその分布域、③反復する慢性の経過、全て当てはまる病気を「アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis)」と呼んでいる。

ドライ肌というのは、皮膚の角質層の細胞間脂質と皮脂の量が標準値よりも低落することで、お肌にある水分が揮発し、表面の角質層がパリパリに乾燥してしまう症状のことです。

形成外科とは違い美容外科が欠損や損壊のない健康体に処置を付け加える美容のための行為であるにも関わらず、リスク管理や安全性の確立がなっていなかったことが大きな誘因と言えよう。

審美歯科というのは、第一に美しさを考えた総合的な歯科医療のこと。歯が担う役割には咀嚼などの機能面と表情を明るくみせるなどの審美面があり、双方健康に関係するとても大事な要素であることは周知の事実だ。

皮ふが乾燥する要因である角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の減量は、アトピー患者などの遺伝子によるものと、逃れようのない高齢化や基礎化粧品などによる後天的要素に縁るものに分けられます。